大学院経済学研究科

研究者と高度専門職業人の養成をめざす、日本でも屈指の歴史と伝統を有する大学院

経済学・経営学・会計学の分野で多くの優れた研究者や職業人を輩出。
複数領域にわたる多彩な科目、演習や研究指導、国際交流制度などが充実しています。

育成する人材像

学会で通用する競争力を身につけるために、学内では演習指導、報告会、そしてさまざまな研究会で討議し、失敗を恐れず切磋琢磨することが求められます。また共同研究を担うことを視野にいれ、自分の研究分野に隣接する領域の成果や異なる視点に触れて研究のすそ野を広げることを目的に、論文指導の教員を中心に研究科全体で指導体制を準備しています。

研究サポート体制

・研究発表会
・研究室
・単位互換制度
・国際交流派遣制度
・学会発表奨励金
・TA制度
・立教大学の研究助成制度
研究科委員長メッセージ

パートナーとして共に研究しましょう

経済学研究科委員長 内野 一樹
経済学研究科の魅力は“優れた教授陣”と “行き届いた指導体制”です。教授陣はそれぞれの専門学会の第一線で活躍しています。長い伝統に根ざした指導・教育システムで学位取得を支援します。

入学する動機は様々です
当研究科に在籍し、研究に勤しんでいる院生学生の学ぶ動機は様々です。例えば、大学教員のような研究者を目指す人、自分が従事している職業を学問的に理論的・客観的に把握したい人、税理士など高度の資格取得を目指す人、外国人として日本の経済システムを研究し母国と日本の橋渡しになることを志す人、学部教育の水準を超える専門的知識の獲得を目指す人、など動機は多様です。

研究能力を高めることは共通
しかし、研究科に集う院生は誰もが経済学の専門的な知識を習得し、研究する能力を高めたいと意欲している点で共通しています。そして研究成果を論文としてまとめ、世に問うことも大切です。この資料を発掘・収集し、分析し、それを学位論文にまとめ上げるという作業はいかなる動機であれ、共通に求められるスキルです。その皆さんの作業を、集団的指導と個別指導を組み合わせて支援します。

“成長過程にある研究パートナー”として
私たちは、院生の皆さんを“成長過程にある研究パートナー”であると見なしています。研究科では、教員集団によるプロジェクト研究や研究会が盛んにおこなわれています。院生の皆さんはリサーチ・アシスタントやメンバーとしてこれら研究活動に参加し、研究の実践を積むことができます。皆さんと自由闊達な議論ができることを楽しみにしています。